笑顔の女性

転職を考えているアナタへ|タクシードライバーが天職かも?!

資格取得における諸所の話

ビル

タクシー会社に勤めている方のほとんどが二種免許を所持しています。普通自動車を運転する分には一種免許だけで十分ですが、利益目的でお客様を車に乗せ送迎するという場合には、この二種免許が必要となります。正式名称を「普通第二種免許」といいます。タクシードライバーとして働いている方は、当然この免許を所持しています。もちろんタクシードライバーとしてではなく事務員や受付、洗車のアルバイトとして働いているスタッフがこの免許を所持している場合もあります。タクシー会社に勤めている限り、持っていて損は無い資格と言えるでしょう。タクシー会社に就職、もしくは転職する際、求人欄に「二種免許サポート制度あり」と記載されていることがあります。これは、タクシー会社が二種免許取得における費用や受験に関して大きくサポートしてくれるということです。具体的なサポート内容は各タクシー会社によって異なるので、面接時に詳細を聞いてみるとよいでしょう。

タクシードライバーに必要な資格である二種免許は、一般的な教習所で取得することができます。取得日数は、大体7~10日間です。二種免許の取得には、一種免許と同じように適性検査をパスし、学科試験と技能試験もパスする必要があります。また受験条件も設けられているので、視力に問題のある方はコンタクトレンズやメガネの用意を怠らないようにしましょう。現在、ほとんどのタクシー会社が二種免許の取得費用を全額負担してくれます。また、免許取得中も日給を支給してくれるので、金銭的な心配は一切必要ありません。